貴秋堂トレーニングの基本的考え

・リセット→スタビライゼーション→コーディネーション

・発育発達過程にさかのぼってトレーニング

リセット→スタビライゼーション→コーディネーションとは?

リセット=(整える) 身体の歪みや、癖を整えてからトレーニングにはいっていきます。

例えば、クライアントさんで多いのが、低い姿勢がとれない方。

今までどんなトレーニングをしてきても改善されなかった。

それもそのはず、お尻周り、股関節周りが硬いからです。

そのような状態では、どんだけ頑張っても低い姿勢はとれないだけではなく、悪い癖を脳がインプットしてしまいます。

だから、貴秋堂では、身体を整えてからトレーニングにはいっています。

スタビライゼーション=(安定させる) 身体の歪みや、癖を整えたものを強く安定させるトレーニングをします。

トレーニングと言ったら、とてもハードなイメージがあると思いますが、目的に応じてハードなトレーニングから、楽なトレーニングまであります。

スタビライゼーショントレーニングの効果は、身体を強く安定させるだけではなく、脳に正しい位置を覚えこませるという効果もあります。

トレーニング後に多くのクライアントさんに言われることが、足を組む癖があったけど、足を組まなくなった、足を組みたく無くなった、ということです。

競技者から、健康目的の方まで広く受けていただけるトレーニングです

コーディネーション=(連動させる) 強く安定させた身体を、実際の動きに繋げていくトレーニングをします。

競技をされている多くの方が経験しているのが、辛い筋トレをしてもいまいち競技力向上に繋がっている実感が湧かないということ。
私も、学生時代いろいろなトレーニングをしてきましたが、実感できたことはほとんどありませんでした。
筋肉が大きくなって、見かけが強くたくましくなっているのに、なぜ競技力が向上しないのか。
それは、大きくした筋肉、強くした筋肉を、動きに繋げるトレーニングをしていなかったからです。
貴秋堂では、コーディネーショントレーニングという、神経系、情報系トレーニングで、鍛えた筋肉を実際の動きに繋げていきます。
競技力向上、日常生活の動きの改善に役に立ってくれます。

発育発達過程にさかのぼってトレーニングとは?

リセット→スタビライゼーション→コーディネーションを発育発達過程でとっている姿勢で行っていきます。

 

発育発達過程でとっている姿勢とは

 

呼吸→仰向け→横向き→寝返り→うつ伏せ→四つ這い→高這い→両膝立ち→片膝立ち→立つ→歩行

 

そのような姿勢でトレーニングをすると、苦手な姿勢が必ずあります。

赤ちゃんの時にその姿勢の運動が不十分だったのか、何か原因があります。

そういう苦手な姿勢が、競技、日常生活にマイナスに働いていることが多くあります。

貴秋堂では、このような方法で苦手な姿勢を見つけ出し改善し、本来備わっている動きを引き出していきます。

※貴秋堂ではパーソナルトレーニングを基本としておりますので、個人個人 

 に合わせた個別でのレッスンを行っています。